スポンサーリンク

ペルー・リマの市街を南下し、地上絵で有名なナスカ方面へ向かう途中にイカ(ICA)という都市があります。そこには現実とは思えないような砂漠のオアシス・ワカチナがあり、世界中から人々が訪れる人気観光スポットのひとつとなっています。リマから日帰りでも行くことも可能ですが、一泊してみると本当にのんびりすることができて、都会の忙しさから解放される癒しの場所です!

(2018年5月6日現在、1PEN(ヌエボソル)= 0.3USD)

ワカチナの全景

ワカチナ方面までのバスはクルス・デル・スルが快適

リマではバスターミナルの場所が会社によって違うので、先に自分で選定しておく必要があります。リマからワカチナのあるイカまで向かうにはクルス・デル・スル(Cruz Del Sur)が快適でおすすめです。

Cruz del surのバスターミナル

(Cruz Del Surバスターミナルのロビー)

バスチケットはターミナルでも購入できますが、事前にホームページ(英語あり)やショッピングモール内などに併設されているバス会社のオフィスでも購入できます。

私は今回プラサ・サンミゲル(Plaza San Miguel)というショッピングモール内にあるオフィスで購入しました。モール地下、駐車場の端にオフィスがあります。

オフィスでのチケット購入時にはID番号(旅行者の場合はパスポート番号)が必要となりますのでお忘れなく!

私が購入したバスのチケットは以下の通り:リマ〜イカ間は約4時間から4時間半

  • 往路・・・10:00リマ発・14:20イカ着 47ソル
  • 復路・・・イカ11:00発・15:30リマ着 55ソル(2階建バス)

【Cruz Del Surのバスターミナル】

場所:Av. JAVIER PRADO ESTE #1109 URB. EL PALOMAR LIMA

リマ市内のバスは乗り方がとても複雑なので、ターミナルまではタクシーを使うと良いと思います。ターミナル内にはフリーWi-Fiや充電スポットもありました。バス搭乗時にはIDのオリジナル(パスポート)をチェックされますのでくれぐれもお忘れなく。

イカのバスターミナルからワカチナへ

せっかく地方都市までやって来たのでイカの町を少し散策してみようと思ったのですが、バスターミナルを出た瞬間タクシーのキャッチがしつこく寄ってきました…。街中もごちゃごちゃしててなんだか騒音もひどく、しかもヒドイ暑さだったので早々に気が滅入ってしまいました。

なので結局すぐにワカチナへ向かうことに。

ところでこの暑さ、さすが砂漠にある街という感じに強烈でした。

イカの街並み

(バスターミナル近くにあった大聖堂)

イカはチョコテハというお菓子が有名な街で、ペルーのお土産でも定番のひとつになっています。チョコテハについては以下の記事でも紹介しています。

砂漠のオアシスというと、周りには何もない砂漠のど真ん中にある感じがして、イカからもさらに時間がかかるのではないかって思いますよね。しかし意外や意外で、イカのバスターミナルからワカチナまではなんと、タクシーでたったの10〜15分ほどで行くことができてしまいます!本当に近くてびっくりしてしまいました。

私は普通の乗用車のタクシーではなくてモトタクシーという三輪自動車みたいなコロコロした乗り物に乗ってみたかったので、それでワカチナまで連れて行ってもらいました。モトタクシーもけっこう町中を走っていますので、タクシーと同じように捕まえて乗ることができます。

モトタクシーでのイカ〜ワカチナ間は5〜7ソル。

モトタクシー

(モトタクシー)

スポンサーリンク

砂漠の散歩は涼しくなる夕方がおすすめ

ワカチナに着いたら荷物をホテルに置いてさっそくオアシスを散歩してみました(ホテルは次の章で紹介します)。

ワカチナはとても小さな集落なので急がなくてもぜんぜん大丈夫ですよ!

砂漠のオアシス3

湖に接近。まさに砂漠のオアシスというような景色に遭遇。

砂丘がすぐ近くに迫るワカチナ

砂丘がすぐ横にせまっています。

ワカチナは飲食店や宿泊施設などが湖の周りに集中しています。観光客が多いのでそれなりにオシャレなカフェだったり、飲食店もペルー料理からイタリアンまで様々なものがありました。

オアシスをすぐにでも遠くから眺めたい、あの絶景を早く見てみたい!ってみんな思うと思います。ワカチナではサンドバギーのツアーに参加して砂丘を登ることができ、あっという間にオアシスを遠くから眺めることができます。

しかしサンドバギーに乗らずに自分の足で砂漠に登っても、そんなに時間かからずに絶景を見ることができますよ。

でもその場合には以下の点に注意してくださいね!

  • 日が照っている間は、砂が熱くて裸足では歩けません。
  • 思ったよりも砂が崩れやすくて歩きにくいのでけっこうハードな運動にります。登り始める前にボトルのお水を調達しておくことを強くおすすめします。

こういった点を考えると、夕方、日の暮れ始める前ぐらいに登りはじめて、サンセットと夜景まで合わせて見るのがいちばん楽で効率が良いと思います。

とはいってもそんなに時間かけずに絶景スポットまで登れてしまうので、のんびりできる人は歩き回ってみていろいろなアングルから絶景を堪能してみるのもよいと思います。

私はサンドバギーに乗らなかったので残念ながらご紹介できないのですが、ワカチナは本当に小さいので散歩していればすぐに乗り場を見つけることができると思います。キャッチの人もたくさんいますので、声をかけられると思います。

ワカチナの機能的で綺麗なホテル

今回私がワカチナで宿泊したホステル・SAND AND LAKEをご紹介します。

ワカチナのホテル外観

前日にネット予約をして35ドル(朝食付き)。完全個室でバストイレ付き。建物自体もまだ新しいのか改装したてだったのか、とても綺麗な感じでした。

ワカチナのホテル客室

ワカチナのホテルバスルーム

水周りも清潔な感じ。私が宿泊した時はドライヤーがありませんでしたので、洗髪をするかたはご注意を(フロント貸し出しもなし。以前はあったようですが紛失だか故障だかでこの時は貸し出せないとのことでした)。

ワカチナ・ホテルでの朝食

ホテルの朝食(この他に卵料理もあり)早朝のオアシスを眺めながらテラスで食べられます。

【Hostel Sand and Lake】

住所:Av. Perotti sin numero-Malecon derecho-Huacachina, Ica, Peru

イカから乗ってきたモトタクシーの運転手さんに宿の住所を言ってもわかってもらえず、ワカチナの入り口で降ろされてしまいました。曰く、その辺の人に聞けば教えてくれるし、小さな集落なので歩いていれば見つかるとのこと。

ホテルの入り口は湖の裏側にありました(ワカチナの入り口で湖を前にして右側の通り)。住所には番地もなく、通りの名も誰に聞いてもほとんどの人が知らなかったのでほとんどあてにならなかったですが、ウロウロと歩いていたら見つかりました。

のんびりしたい派には1泊するのがおすすめ

ワカチナはリマから日帰りでも行けてしまう観光地ですが、ペルーの魅力を知ってほしい私としてはやはり一泊してゆっくりのんびりと過ごすことをおすすめしたいです。

夕暮れのサンセットや夜景も合わせて見ると、いろんな姿の砂漠を見れて充実感があると思います(早朝の砂漠もまたいいですよ)。

私は時々こういった自然の多い、都会から離れたところに一人で行くのが好きで、いろんなことを考えて見つめなおしたりする機会にしてリセットしています!何よりも「旅をできること」に心から感謝できる瞬間を持つのが、私の旅のしきたりでもあります。

ワカチナの夕暮れ1

話戻りますが、ワカチナでは日が暮れてしまうともう何もすることがなく、夜は早い時間に静かになってしまいますので、退屈なのが耐えられない人にはちょっとキツいかもしれません。

ワカチナの夕暮れ2

夜8時頃には夕食を食べ終えて、実は私は今この記事をワカチナのホテルで書いています。

私はペルーに来て南米の人たちのおおらかさ(粗く言ってしまうと”大雑把な人たち”になってしまうのですが)をすごく感じていて、やはり南米へ来たら何事も急いだりせずにゆっくりするのが一番いいなと感じています。

ワカチナへ行くならぜひのんびりしてみてください!

良い旅を!Buen viaje!

スポンサーリンク
おすすめの記事