スポンサーリンク

今回はあちこちでペルー料理を食べ歩いている私がおすすめしたい、川崎の老舗ペルー料理店アルコイリスの3つのメニューをご紹介しようと思います。

アルコイリス川崎の店内1

おすすめその1:ペルーの家庭料理カラプルクラ

カラプルクラ(アルコイリス川崎)

このカレーみたいな見た目の煮込み料理は、カラプルクラというペルーの家庭料理。日本の料理ではほぼ使われることのない乾燥ジャガイモを使っている料理です。

乾燥ジャガイモはツブツブとした小さなサイズなので、豆を食べているような食感。小さめにカットした豚ばら肉と一緒に煮込まれています。

味付けの方はほとんど辛くはありません。唐辛子は使っているのですが、通常カラプルクラのレシピでは辛さ控えめの唐辛子を使っています。タマネギやアーモンドパウダーなども一緒に煮込んでいるので、どちらかというと甘めの味付けかもしれません。その他ニンニクやクミンなども使っています。カラプルクラはアフリカをルーツに持つペルー料理。エスニック風煮込み料理といった感じですね。

カラプルクラはお店や作る人によって甘さが引き立っていたりピリ辛だったりして、いろいろ食べてみてもそれぞれの味があるなと感じる料理です。

(カラプルクラ・・・1,000円 女性一人でも食べきれるサイズです)

カラプルクラで使用している乾燥ジャガイモは日本でも買うことができるので、もし自分で作ってみたいと思ったらこちらのレシピもどうぞ。

おすすめその2:ボリューム満点のペルー風カツレツとスパゲティ

talllarin verde(アルコイリス川崎)

素敵!この色合いがたまらなく美味しそう!この料理はタジャリンベルデというほうれん草とバジルのペルー風クリームスパゲティと、ミラネサという薄っぺらいビーフカツがセットになったものです。これ、特にペルー独特の調味料を使っているわけではないようですが、ペルーではよく食べられている人気料理の一つなんです。

あえて言えばペルー風のビーフカツ(ミラネサ)はパン粉をまぶす前にお肉をニンニクやタマネギをペーストしたものに漬け込んでいるので、日本のカツとは少し違った味付けがされているところです。

この料理は何と言ってもボリューム満点なところ(ペルー本国では巨大すぎて食べ切れませんでした・・・)ですね。イタリアン風なのでワインにも合いそう!お肉好き、パスタ好きな人なら誰でも美味しく食べれる料理だと思います。

(タジャリンベルデ コン アパナード・・・1,800円 女性一人でもがんばれば食べきれるサイズ)

食べきれなかったら持ち帰り用に包んでくれます。翌日レンジでチンして食べてもまたおいしい!

スポンサーリンク

おすすめその3:ペルー風スープはそうめん入り?!

minuta(アルコイリス川崎)

見てください!このスープ、なんとそうめん入り。さっきはアフリカンやイタリアンかと思ったら今度はジャパニーズ!本当にペルー料理っていろんな国のエッセンスが混じっていて面白いですよね。

このスープはミヌタといって、こちらもペルーでは簡単に作れてしまう美味しいスープとして人気の定番料理なんです。ペルーではカベージョデアンヘルという極細のパスタを入れて作ることが多いようですが、日本だとそうめん!でも日本料理のインスピレーションを受けているニッケイ料理が浸透しているペルーのことなので、そうめんが入っていてもなんら違和感はありませんね。

見た目は辛そうですが、こちらも全然辛くないです。先ほどのカラプルクラでも書きましたが、辛さ控えめのアヒパンカという唐辛子を使っているそうです。そうめん以外には小さく切って炒めた牛肉やタマネギなどが具に入っていて、そしてエバミルクで仕上げているのでとろみのあるスープになっています。

メニューの中に並んでススタンシアというスープがありました。ススタンシアはこのミヌタが醤油風味になったもの。より和風が好みの方にはこちらもおすすめですね。

(ミヌタ・・・1,000円 女性一人でも食べきれるサイズ、これだけだとちょっとものなりないぐらい・・・かな)

美味しい魚介料理もそろってます

Jalea de mariscos(アルコイリス川崎)

こちらはハレアという魚介のフリットです。揚げたてで衣がサクサクしたエビや白身魚、タコなどのフリットの上に、セビーチェのようなマリネ風味のタマネギサラダがわんさかてんこ盛り!炭水化物控えめにしたい人にはこちらの料理もおすすめです。ビールによく合いそうですね。

chorritos a la chalaca(アルコイリス川崎)

ペルーの人たちは本当にグルメで、お魚も生で食べます。この料理、いろんなものが乗っかっていて蓮華のようなスプーンの中には一体何が埋まっているの?という感じですよね。実はこの中にはムール貝が埋まっています!

チョリートスアラチャラカっていう(言いにくすぎるのでなんちゃらかんちゃらでOKです)この前菜もセビーチェのようなレモン&ビネガー風味。私はレモンとビネガーがちょっとキツすぎて2つ食べてギブアップしましたが、酸っぱいの好きな人にはおすすめできます。

アルコイリス川崎のメニュー

その他にもアルコイリス川崎にはペルーの代表料理ロモサルタードやアヒデガジーナ、ローストチキンのポヨアラブラサなどたくさんメニューに揃っています。

川崎で30年近く営業し続けている老舗のペルー料理店

アルコイリス川崎の店内2

思い返せば私は20年以上前からこのお店に食べに来ていました。昔すぎて記憶も曖昧ですが、もしかしたら初めて食べに行ったペルー料理店もここだったかもしれません。その当時はまだ川崎駅前のショッピングモールLAZONAもなく、駅前も殺風景な感じでした。

最近ふと店員さんに「ここのお店は何年前からやっているの?」と聞いてみたところ、もう28年も前からやっているんだとか。すごいですね。歴史がある。

今から約30年前というと90年前後。80年代後半、ペルー日系人の日本への出稼ぎブームが始まったころでした。きっとその頃から出稼ぎ労働者の人たちが故郷を思い出すようなペルーの味を提供し続けてきたんだろうなと思います。

近年ではモダンペルビアンといった洗練されてオシャレになったペルー料理が世界でも注目されてきていますが、こちらのお店はいつまでも変わらない庶民的なペルー料理を美味しく出し続けています。

出稼ぎブームが過ぎた今となってもペルーの人はもちろん、日本人や様々な国のお客さん、そしてペルー料理好きなグルメな人たちからも愛されるお店として営業中です。

【アルコイリス(Arco Iris)川崎】

住所:神奈川県川崎市幸区中幸町3-32-4

電話番号:044-541-4572

営業時間:11:30〜22:00(ランチは11:30〜14:00)

定休日:1/1

・・・五反田にも支店があります・・・

スポンサーリンク
おすすめの記事