スポンサーリンク

今回は神奈川県の鶴見にあるペルー料理屋さんKoky's(コキス)をご紹介しようと思います。

コキスお店の外観

週末ファミリーで賑わうペルー料理店

京急線鶴見駅から川の方へ向かって歩いていき、潮見橋を渡った先にある本町通り商店街。日曜の午後、商店街のお店はほとんど閉まっていてひっそりとした中、突如賑わいを感じるペルー料理のお店「Kokys(コキス)」が現れました。

ペルーでは週末のお昼に家族と一緒にゆっくりと食べることが多く、この時間帯もペルー人のファミリーやグループ客で賑わっていました。お店に入った瞬間、むわっとしたエスニック風の匂い!入ってすぐのところでペルー風ローストチキンをフル回転で焼いていたからだと思います。この瞬間から南米空間にやってきた感満点です。

ちなみにこちらへは平日の夜にも訪れたことがあるのですが、仕事の疲れを労う労働者っぽい南米系の人たちで席が埋まっていた感じがしました。やっぱりここ南米。スペイン語が飛び交っていて、本当にペルーにいるような感じがします。

人気のメニューはローストチキン

コキスのメニュー(ローストチキンサンド)

お店の売りのメニューはペルー風ローストチキン。他にチキンのサンドイッチやサラダ、チャーハンなども揃っています。

コキスのメニュー(ペルー料理)

ローストチキン以外のペルー料理もけっこう種類が豊富。スープの種類も多め。

ペルー風ローストチキン(コキス)

こちらがローストチキンのハーフサイズ。女性一人分としてちょうどいいぐらいの量だと思います。グリーンサラダも付いていて1,200円。他にも4分の1サイズと、まるまる一羽というのもありました。

ペルーのローストチキンというのは、焼く前にクミンアヒパンカというペルーの唐辛子、ハーブなどに漬け込んで味付けしています。漬け込みはお店によってそれぞれの味があり、この味付けや焼き具合などによってチキンの味も大きく変わってきます。基本的にはしっかりと味がついているので冷めても美味しいです。

スポンサーリンク

代表的なペルー料理のセビチェも

セビチェ(コキス)

ペルー料理の定番、セビチェは白身魚のみのものと海鮮ミックスの2種類があります。今回は白身魚のセビチェ(1,500円)を食べてみました。魚の身ひとつがけっこう大きめで、プリプリしているので食べごたえがあります。ピリ辛でしたが辛さの調整も可能とのこと。セビチェにかかっているマリネの汁がちょっと酸っぱめかなという感じ。全体的に味濃いめに作られていて、ペルー人向けなのかなと思いました。

キャッサバ芋のフライ(コキス)

キャッサバ芋のフライのユカフリタス(500円)。芋そのものにはあまり味がないので、横に付いているアヒアマリージョという唐辛子のソースをつけて食べます。これがまた止まらなくなる美味しさなんです!まわりはカリッとしていて中身はふわふわ。食感が面白い。アツアツのうちに食べるとさらに美味しいです。

ペルー風チキンチャーハン

ペルー風チャーハンのチャウファ(コキス)

ペルー料理にはチャーハンもあるんですよ。中華料理ではなく中華&ペルビアンのフージョン。そのような料理をペルーでは「チファ(Chifa)」と言われているんです。

ローストチキン入りのチャウファ(1,000円)。チャウファとはペルー風チャーハンのことです。チファと似ていてなんだかごっちゃになりますね…。純粋な中華料理のチャーハンに比べると、チャウファはだいぶ味が濃い目。ご飯にも味がついているけど、さらに味のついたローストチキンも混ざっています。一皿でお茶碗2〜2.5杯ぐらいあるのでシェアして食べるのにおすすめです。

寒い日におすすめの具沢山スープ・ソパクリオージャ

牛肉入り牛乳のピリ辛コンソメスープ1

ペルーの代表的なスープ料理・ソパクリオージャ(1人前850円)。牛乳とコンソメで作られたスープの中に、麺(パスタ)や牛肉、ジャガイモ、卵焼きなどいろんなものが入っている具沢山スープ。

牛肉入り牛乳のピリ辛コンソメスープ2

スープといってもお腹に結構たまるので、軽めに食事したい人に向いているかもしれません。メニューにはピリ辛と書かれてたのですが、焼き目をつけた唐辛子がゴロンと添えられているだけなので、この唐辛子の漬け込み具合で自分で辛さを調整できます。付け合せのパンもスープに浸して食べたら美味しかったです!体が芯から温まりますよ。

ペルーのお店がそのまま上陸したような雰囲気が面白い

こちらのお店には何度も行ってるのですが、日本人向けにというよりも、日本に住む南米系の人向けに営業している感じのするレストラン。インテリアも特にペルーを押し出しているものはなく、周りから聞こえてくる言葉はスペイン語。南米の人が多く住む鶴見エリアならではの異国な雰囲気。日本人ならよっぽどペルー料理が好きな人か(…私?)近くに住む人、近くで働いてる人じゃないとなかなか行かないような場所かもしれません。でも日本人のお客さんもきっと大歓迎だと思うので、庶民的な南米ペルーを体感してみたいという人はぜひ行ってみる価値はあると思います!

テイクアウトメニューも充実しています。ペルー風ローストチキンパイ(エンパナーダ)も持ち帰りで購入し、翌日のランチに食べてみたんですが、味がしっかりついているので1日経ってからでも美味しかったですよ。また、土日限定のメニューやペルーのスイーツ、ケーキなどもあります。週末は活気があってペルーのお店がそのまま日本に上陸しているような雰囲気が個人的にはとても気に入っています。

ちなみに接客もとことん南米ですので、そのへんもまたラテンを感じてみてください・・・。

Koky'sのオーナーが手がける表参道のレストランDestino51もおすすめです。

【KOKY'S ROAST CHICKEN・コキス ローストチキン】

場所:神奈川県横浜市鶴見区本町通2丁目82(J R・京急鶴見駅から徒歩10〜15分)

電話:045-642-4017

営業時間:月〜金曜日16:00〜23:00、土日12:00〜23:00

スポンサーリンク
おすすめの記事