スポンサーリンク
米軍厚木基地エリアにある相鉄線さがみ野駅。ここから基地正門まで向かう途中にペルー風のブリトー屋さんがあるとの情報を入手したのでさっそく行ってみました!

ブリトーってどんな食べ物?

ブリトーという食べ物を聞いたことがあるとしたら、それはもしやセブンイレブンで売られているからっていう人もいるのではないでしょうか。私も初めてブリトーを知ったのはセブンイレブンがきっかけでした。ふんわりとしたトルティーヤの皮にチーズやハムなどが包まれている柔らかくて長細い食べ物です。

ブリトーの発祥

ブリトーの発祥についてはいろいろと言われもあるようですが、一般的にはメキシコ北部国境の町で誕生し、その後アメリカへ持ち込まれてテックスメックス料理(アメリカ風メキシコ料理)の一つとして発展したと言われています。そのためメキシコ北部の町ではタコスよりもブリトーの方が主に食べられ、そしてアメリカではヒスパニック系の多く住むテキサスやカリフォルニアなどでよく食べられているそうです。

ブリトーとタコスの違いは?

ブリトーもタコスもトルティーヤという皮を使っている点では似ている感じがしますね。この2つの食べ物の大きな違いは2点あります。
  1. 皮のサイズと使い方 ブリトーは直径25〜30cmぐらいの大きな皮を使って具を完全に包むのに対し、タコスは直径15cm前後の小さめな皮を容器のようにして具を乗せ、包むことなく両端をつまんでガブリと食べます。
  2. 皮を作る材料 ブリトーの皮は小麦粉で作られたフラワートルティーヤ。タコスはトウモロコシで作られたコーントルティーヤを使っています。
具に関しては、ブリトーはたくさん包める分お米や豆などおかず的なものが多いのに対し、タコスはお肉や玉ねぎ、サルサなど最低限のものをトッピングしたジャンクフード的なイメージがありますね。

ロックンロールキャラの可愛いブリトー屋さん

さて、ブリトーについての前置きが長くなってしまったので、ここで今回訪れたお店Rock'nRoll Burrito(ロックンロールブリトー)をご紹介しようと思います! こちらのお店は米軍厚木基地正門のすぐ前にあります。ネットの口コミによるとお昼時になると基地勤務の迷彩服着た人たちが行列をなしていることもある人気店のようです。 お店の開店は朝の10時。開店と同時に訪れたにもかかわらず、入れ替わりでもう次のお客さんが入ってきていました。
さほど大きな店内ではなく、イートインスペースは無いようです。サンドイッチ屋さんのサブウェイみたく、ブリトーにラップする具がガラスのウィンドケースに並べられています。スペイン語で「ようこそロックンロールブリトーへ」と書かれていますが、日本語も通じますし日本語のメニューもちゃんとあります!
ブリトーのサイズはレギュラー(720円)ラージ(1020円)の2種類。こちらのお店はペルー系のようで、メニューにはロモサルタードやエンパナーダなどペルー料理もありました。
トルティーヤのサイズを見せてもらうと、ラージだと大きそうなのでレギュラーを頼むことにしました。 まずはパサパサに炊かれたグリーン色のご飯がバサッと乗っかります。茹でた黒豆(フリホーレス)もお好みで。 お肉はチキンとビーフ、ポークの3種類があって好きなものを選んでもいいし、ミックスすることもできるそうです。チキンの容器が他のお肉に比べて大きめなのを見るとチキンが一番人気のようにうかがえます。私もチキンを選びました。
次にレタスやコーンなどのサラダ系です。玉ねぎ&トマトのさっぱりサルサメヒカーナは欠かせませんね。辛いの好きな人はハラペーニョを入れてもらいましょう!めちゃくちゃ辛そうです。
最後に2種類のソース。スパイシー&スイートの甘辛ソースコリアンダーソースの中から選べます。そしてオプションでアボガドディップのワカモレを加えることもできます(別途210円)。 具を選び終わるとくるくるっとロール状に巻いて、アルミホイルで包んで出来上がり!ちなみにこのロールをそのまま油で揚げたものが、メニューにもあったチミチャンガになります。皮がパリパリとした食感になるそうです!これもかなり気になりますね。
ずっしりと重いです・・・! ラップに貼られているこのシールがまた可愛さ満点ですね。いかつそうなロックンロールを可愛いキャラにしているところが面白いです。お店にはオリジナルのステッカーなども売られていて、愛されているお店なんだなという感じがしました。 ドリンクはコーラやお水以外にも、インカコーラチチャモラーダ(紫トウモロコシのジュース)がありました。やっぱりペルー!

この味、メキシカン&ペルビアンのフュージョン?

いよいよ実食です。ブリトーをふたつに割るとずっしりと具が詰まっているので、量の多さに食べ切れるか不安に!それぐらいボリューミーです。 ひと口食べた瞬間「うわっ、これペルーの味!」というのが私の感想。クミンやコリアンダーのきいたこのエスニック風な味つけ。トマトと玉ねぎのさっぱりマリネ風味のサルサメヒカーナがレタスサラダと共に混入されているので、途中ちょっと爽やかな気分になります。そしてトロリと濃厚チーズが出てくるとここでテックスメックスの域にたどり着いた感じ!やっぱりブリトーはテックスメックスだ! この賑やかな味付けは食べていて飽きませんでした。いろいろな食材がバランスよく入っているのでジャンク感もないし、やはりこのペルー風の味付けというのは人々の胃袋をわしづかみにするような母的な魅力があるのだと思います。 テックスメックスのお店やブリトーを食べれるお店は日本にもいろいろとあると思いますが、このペルー風味が加わったブリトーが食べれるお店はなかなかないと思います!

さがみ野駅から基地に向かってまっすぐ徒歩20分!

さて、最後にお店の情報です。 横浜から海老名方面まで繋がっている相鉄線、さがみ野駅を降りて、国道40号線をひたすらまっすぐ米軍厚木基地に向かって歩いて約20分ほどです。ボリューミーなブリトーを食べる前の腹ごしらえにはちょうど良いウォーキングになりそうですね。 【Rock'nRoll Burrito(ロックンロールブリトー)】 住所:神奈川県綾瀬市大上1丁目30−20 営業時間:月〜金 10:00〜17:00 TEL:0467-81-5510 いずれ週末営業開始する予定なんだそうですよ!詳細情報はインスタグラムrocknrollbrritoでチェック!
異国感たっぷり漂う米軍基地正門。この門を目指してブリトー屋さんへGo! go go!
スポンサーリンク
おすすめの記事