スポンサーリンク

メキシコに行ったら食べたいものといえばまずは誰もがタコスを思い浮かべるのではないでしょうか。都市や地方によって具や食べ方に違いはあるものの、メキシコへ行けばほぼどこでもタコスが食べれます。それだけに店の多さも半端なく、まして人によって好みも違ったりもすると、ここがお勧め!って場所を紹介するのもなかなか難しくなってきます。というわけで当記事では、何かと行き場に困った時に知っておくと便利という点でお勧めをしたい、「Netflixに登場した有名店」「昔から変わらぬ安定の人気店」「観光客にお勧めのタコス店」という視点で、メキシコシティの3つのお店を紹介したいと思います。

当記事で紹介するお店
  1. Los Cocuyos
  2. TAQUERIA ALVARO OBREGON
  3. TEPPAN TACOS "EL FANTASMA"

Netflixに登場したお店 Los Cocuyos

まず初めにご紹介するのが、Netflixの番組「タコスのすべて」のスアデロ編に登場したお店「Los Cocuyos」です。私もこの番組は見たのですが、メキシコへ行った時にはすっかり忘れていました。でも現地ではやはり超有名店となっているみたいで、行列ができていることが多いんだそうです。「いつも行列」と書きたいところではあるんですが、こちらのお店は休みなし24時間営業のため、おそらく時間帯によっては空いていることもあるだろうと思います。

写真のようにお店の前に椅子がいくつも広がっていて、空いたところに勝手に座ってもいいのかな?ってちょっと迷ってしまうんですが、このお店を仕切っているお兄さんが目を光らせている感じで、列にはなってないけど待ってる人がいるかもしれないと思い、私はお兄さんの近くでぼーっと立って待ってました。そしたらちゃんと空いた椅子に案内してくれました。

メニューの方は壁に掲げられているもののみでシンプルです。すべてワンオーダーでタコス1個分の値段になっています。

「タコスのすべて」ではスアデロ(Suadero)が紹介されていたので、そこはおさえておきたいところ。このスアデロは牛肉を煮込んだものが具に入ったタコスのことで、メキシコシティが発祥とも言われているそうです。

あと口コミで人気だったのはレングア(Lengua)の牛タンタコス。ライムかけて食べたら美味しそうですよね♪

こちらがスアデロとレングアのタコスになります!あぁぁぁぁ、また食べたい。

普通に美味しい!と言ったら怒られそうですが、確かに美味しいです。いや、めちゃくちゃ美味しいです。牛タンも分厚くて食べ応えあり!多分茹でてるのかな。焼肉屋さんで食べるような牛タンとはちょっと違います。柔らかかったですね。

わたし的にはまた食べたいと思うような大満足な味でした。

ところが現地に住んでいる人たちはやはり舌が肥えていると言いますか「確かに美味しいけど、この味なら他にももっと安いお店がある」というのが通な人たちの意見でもありました。

もしかしたら番組とかで紹介されて人気店になってしまったが故に値段も吊り上がったのかもしれませんね。味には間違い無いので有名店価格と割り切って是非とも訪れてみてくださいね!

Los Cocuyosへのアクセス

旧市街(セントロ)のメトロ、イサベル・ラ・カトリカ駅(Isabel la Catolica)の近くですが、日中は賑わっているのでそうでもないですが、夜になるとかなりひっそりとして危なさそうなので、暗くなってから行く時は気をつけましょう。

住所:Calle de Bolívar 57, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06000 Ciudad de México, CDMX,

営業時間:24時間営業(定休日なし)

昔から変わらず営業中!タケリア・Álbvaro Obregón

アルバロ・オブレゴン将軍の名を冠したこのタコス店は、ローマ地区の目抜き通り「アルバロ・オブレゴン通り」の中心にあります。創業は1996年。私自身が2007年にメキシコ生活を始め、この辺りを拠点にしていた時期もあり、このお店にはもう何度も足を運んでいました。

美味しそうにお肉を焼いている様子が通りから見えたり、入り口もオープンで店内の様子もよくわかるので、客も入りやすいのだと思います(私も1人で入ることが多かったです)。

この店のあるアルバロ・オブレゴン通りをはじめ、この辺りはここ10年ほどで大きく雰囲気が変わりました。現在ではかなりオシャレなお店が立ち並び、ボヘミアンな雰囲気も漂い、欧米人観光客などもだいぶ増えました。そんな雰囲気にも負けず、タケリア・アルバロオブレゴンはしぶとく(なんて言ったら怒られそうですが)、迫りつつある周りの超オシャレなお店たちに囲まれるようにして、庶民的な雰囲気のまま残ってくれています。ただし、価格は上昇していますね。

メニューの種類はとっても多いんですが、「タコス」ってはっきり書かれてないので、メニュー見てもよく分からないんです。なのでいつもタコス食べたいと言って適当に頼んでしまうのですが、この写真のものはタコスにチーズをトッピングしたものです。お肉はパストールだったかな。

メニューによってはワンオーダーで一皿にいくつかのタコスが盛られているものと、タコス一つずつ注文するものに分かれていたりもします。

小さなタコスだと追加で1個ずつ注文できたりもするので、無駄なくちょうど良い腹具合になるまで食べることができます。

タコス以外にもウチワサボテン(ノパル)を焼いたヘルシーメニューなどもあります。ネバネバしてて体に良さそう♪タコスと一緒に。白い飲み物はお米で作られたオルチャータというもの。

平日は夜中まで営業、日曜日も営業しているので、行くところに困った時や軽く食べたい時、節約したい時など、本当に何かとありがたいお店です。

TAQUERIA Álbvaro Obregón へのアクセス

住所:Av. Álvaro Obregón 90, Roma Nte., Cuauhtémoc, 06700 Ciudad de México, CDMX,

営業時間:月〜土曜日 13:00pm〜4:45am、日曜日 13:00pm〜10:15pm

ホームページ:https://www.taqueriaalvaroo.com/menu

スポンサーリンク

屋外の開放感あふれる・鉄板タコス”EL FANTASMA”

ルチャ・リブレのルチャドールたちがお出迎えしてくれるこのタコス屋さんは、セントロ(旧市街)に近く、100%屋外にあって開放感たっぷり!観光客向けの土産物店が集結したサンフアン市場の目の前にあります。市場の建物内には清潔なトイレもあるので安心です。

お店のフェイスブックページを見ると、ルチャマスクを被った人たちがここを訪れている写真がたくさんアップされています。ルチャ・リブレが好きな人にもお勧めな感じです。

タコスはジャンボサイズ。お肉の内容にもよりますが1個の価格が大体どれも20〜30ペソ台で、豪華なトッピングが無料!内容はご飯やフリホーレス、ノパル(ウチワサボテン)、マッシュポテト、ワカモレなどお腹に溜まるものがいっぱい!好きなだけタコスにトッピングできます。

このお店にはビールがあり、ほぼ外のような場所でビールが飲めるのもまた嬉しいところですね(メキシコではお店以外の外でお酒を飲むことが禁止されてます)。

日差しの強いメキシコの空の下、パラソルの下で冷たいジュースやビールを飲みながら、ちょっと休憩したりするのにとってもお勧めなお店です。

TEPPAN TACOS ”EL FANTASMA” へのアクセス

住所:Ayuntamiento 22, Colonia Centro, Centro, Cuauhtémoc, 06000 Ciudad de México, CDMX

営業時間:月曜日〜土曜日 9:30〜18:00 日曜日定休

Facebookページ:https://www.facebook.com/ElFantasmaTeppanTacos/

 

スポンサーリンク
おすすめの記事