スポンサーリンク

セビチェは国によって作りかたや味が違ったりするのをご存知でしょうか。ペルゴチ!では初めてでも作れるペルーの本格セビチェ(セビチェデペスカド・Ceviche de Pescado)の作り方をご紹介しようと思います!

ペルー風セビチェとは

ペルー風セビチェとはいったいどういうものなのでしょうか。

他の国のセビチェと大きく違うのはマリネするのに「レチェデティグレ(Leche de Tigre)」というものを使うところです。これがペルー風セビチェの味を決めるもっとも重要なものになります。また、唐辛子はペルーの「アヒリモ(Aji Limo)」を使用しています。

アヒリモは南米食材店などで購入できます(オンラインショップもあり)。

セビチェで使う魚のおすすめは

セビチェで使う魚は、刺身で食べれる白身系の魚でしたらどれでも材料として使えます。私が日本のレストランで食べたセビチェだと真鯛が圧倒的に多く、魚屋さんでも見つけやすいので材料としておすすめです。

ちなみにペルーではコルビナ(Corvina)やペヘレイ(Pejerrey)などの魚がよく使われているようですが、日本では珍しい魚になるのであまり一般的ではありません。

このレシピでは真鯛を使ったセビチェをご紹介しています。

魚の身はヒレの部分をカットして、その部分をレチェデティグレに使用します。残りの身は食べやすい大きさにカットして、セビチェとして食べる部分になります。カットしたらセビチェを作る直前まで冷蔵庫で冷やしておきましょう。

Point

セビチェはとても新鮮な料理です。冷凍の魚は使わず、ぜひ新鮮な生の魚を使ってください!
スポンサーリンク

レチェデティグレの作り方

先ほどにも書いたように、ペルー風のセビチェはレチェデティグレがもっとも重要な味付けになり、この味でセビチェの味も決まります。なので作りかたも本当に人それぞれなんですね。

ここで紹介するレシピもあくまで私自身が挑戦した味付けなので、分量なども自分の好みに合わせてアレンジしてみてください!

レチェデティグレの材料

  • 魚(真鯛)の切り身…約80g
  • セロリ…30g(茎の部分20センチぐらい)
  • 玉ねぎ…60g
  • パクチー…茎の部分を6〜7㎝ぐらいにカットした物を6本
  • ニンニク…1かけ
  • 生姜…ニンニクの1.5ぐらいの量
  • アヒリモ…少々(とても辛いので入れ過ぎに注意しましょう)
  • だし汁…300cc弱 ※ペルーでは魚のアラでとったチルカノというスープを使うのが一般的ですが、ここでは昆布だしで代用しています。

材料は全てミキサーにかけてしまうので、適当な大きさにカットしておいてください。

材料を全てミキサーに入れます。だし汁は野菜類がひたひたに埋まるぐらいまででOKです。

30〜40秒ほどミキサーにかけると、白っぽくなります。

ミキサーにかけた後、このように濾して(スプーンでかき混ぜるようにする)滑らかにしたら、レチェデティグレの完成です!

タイガーミルク?
レチェデティグレ(Leche de Tigre)はスペイン語ですが、英語になおして「タイガーミルク」と訳されていることがあります。しかしレチェデティグレはペルーのセビチェでしか使わない言葉なので、スペイン語のままで覚えてた方が、よりペルーのセビチェ通っぽい感じがすると思います!

真鯛を使ったペルー風セビチェの作り方

レチェデティグレが完成すれば、もうほとんどセビチェが出来上がったも同然です。あとはカットした材料を混ぜて出来上がりです。

真鯛のセビチェの材料(2人分)

  • 魚(真鯛)の切り身…約120g(2㎝角のキューブ状にカット)
  • 紫タマネギ…約30g(薄くスライスする)
  • ライム…1/4カット
  • アヒリモ…少々(みじん切りに細かくカット)
  • パクチー…葉の部分を適量(みじん切りに細かくカット)
  • 塩…大さじ1程度
  • レチェデティグレ…大さじ4程度

セビチェの作り方

  1. ボウルに真鯛の切り身を入れ、塩を入れて全体にまぶすように混ぜる。
  2. アヒリモとパクチーを加えて混ぜる。
  3. 玉ねぎを加え、ライムを絞る。
  4. レチェデティグレを入れて全体をよく混ぜる。
  5. 皿に盛り付けて完成。

セビチェはガラスなどの器に盛るのがよく似合いますね。

ペルーでは付け合わせに茹でた芋(カモテ)と、トウモロコシを炒って塩で味付けした物(カンチャ)を付け合わせています。酸っぱい味付けのセビチェに、甘いホクホクの芋がついているとどこかホッとする味になり、そしてトウモロコシがまたサクっとした食感でセビチェのバリエーションある味わいを楽しむことができます。

ペルー風セビチェを作るポイントのまとめ

ペルー風セビチェの作り方をご紹介しました。以下のポイントをつかめば、初めてでも上手く作れると思いますので、暖かくなってくる季節に向けてぜひペルー風セビチェの作り方をマスターしてみてください!

ペルー風セビチェを作るポイント

  • ペルー風セビチェはレチェデティグレの味が決め手になる。
  • 唐辛子はペルー産の「アヒリモ」を使う。
  • 冷凍の魚は使わず、新鮮な生の魚を使う。
  • セビチェは冷たい魚で作るのがポイント。混ぜ合わせる直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
スポンサーリンク
おすすめの記事