ペルーのリマで新鮮な魚介料理ならぜひここへ行ってほしい・La Picantería

ペルー、リマの繁華街ミラフローレスから近い場所にスルキージョという地区があります。そこには地元の人や観光客で賑わっている市場があり、その周辺には魚介レストランが多く立ち並んでいます。今回はその中のひとつである、雰囲気が良くて味も間違いのないレストラン、La Picantería(ラ・ピカンテリア)をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

時間帯によっては1時間待つことも

お店の入り口は重厚な感じの木の扉。開いていないので中が見えなくてどんな様子なのかは外からは伺えません。なのでオープンしているのかどうかもよくわかりませんでした。扉の前にいたおじさんにお店やってますか?と聞いてみたら「もちろん」と言って開けてくれたのです。私はこのお店に2回行ったのですが2回ともこのような流れでした。

扉を入るとすぐ目の前にカウンターがあり、人数を伝えて案内してもらいます。

扉を入った右手にはバーがあります。

全体的にブルーで統一された雰囲気のこのバーはカリブ海のような爽やかな雰囲気が漂っていて、心地よいサルサの音楽が流れています。私はすぐにセビチェが食べたくなってしまいました!とても雰囲気がいいです。平日のランチタイムは大変混み合っていて、食事待ちのお客さんがここでドリンクを飲みながら待っていたりします。おひとり様ならこのバーで食事させてもらえる可能性も。

私は初めて行った時(平日ランチタイム・午後13:00〜14:00ごろ)に食事は1時間待ちと言われましたが、一人ならバーで食事してもいいですよと言われたのでそうさせてもらうことに。結局は注文した食べ物が運ばれてくる前にテーブル席がひとり分空いたので食堂へ移動させてくれました。

レストランの様子

木の扉の入り口を入ってカウンターの奥左側に食堂があります。こちらも明るくてまた雰囲気がいいです。調理場が半分見えているカウンターにはいかにも新鮮そうな魚介がそのままの姿で並べられていて、なんだかヨーロッパのマルシェのようなおしゃれな雰囲気。

グループ客でいっぱいでした。私も大きなテーブルに通され、カップルや他のグループ客と相席に。ひとりぼっちでポツリ…だったのでちょっと寂しかったです。

メニューはこのような感じで写真がありません。その日によっておすすめの魚があるのだと思います。量はグラムで注文するのですが、日本では馴染みのない頼み方なので、あまり注文の仕方がよくわからなかったです。

日本人の口に合う美味しい料理

午後2時近く。とにかくお腹減っていて何かガッツリと食べたかったので、魚のフライとご飯が食べたいと店員さんに言い、出してもらったのがこちらの料理。

この写真だとちょっと大きさの感覚がわからないですが、とにかく大きいんです…。軽く2人前はありまして、見た瞬間に食べきれないなって思いました。周りを見渡すとどの料理もお皿がとにかく大きいので、みんなシェアして食べている様子。だからグループ客が多いんですね。

衣サックサクで中身はジュージーな白身魚のフライ!控えめだけどしっかりと味はついている。ソース無しでも十分にいただけます。付け合わせのチャーハン風の焼き飯もやはり控えめな味付け。なのにめちゃくちゃ美味しい。「控えめ」とはいったい何を言いたいのかというと、ペルー料理って美味しいけども味の濃すぎるものが多いんです。でもこのおさえ気味の味なら間違いなく日本人うけするだろうなと思ったのです。慣れない国での長旅でホッとするような味でした。

この一品を食べただけで、きっとここの料理は何を食べても美味しいはずと確信しました。隣の人が頼んでいたセビチェの鮮魚がキラキラして見えて、あまりに美味しそうだったので私も注文したかったのです。でも自分が頼んだものすら食べきることができずに残りを持ち帰ることにしたので、セビチェは改めてまた食べに来ようと決心したのです。

ちなみに、こちらのフライ(魚100グラム分)と焼き飯は60ソル(約1800円)。他のレストランと比べると少し高めです。

食べ終わってしまうのが惜しいほどのセビチェ!

2回目に行った時は土曜日の午前11時過ぎを狙って行きました。さすがにこの時間だとお客さんはまだおらず、食堂の方は12時からとのこと。セビチェだけ食べたいと言ってみたらまたまたバーの方へ通してくれました。その後にもちらほらとお客さんが続いてやってきたので(おひとり様観光客らしき人も見かけました)やはり人気のお店のようです。ペルーの人たちは13時過ぎにお昼ご飯を食べ始めるので、この時間からお店にやってくるのは観光客ぐらいなのかもしれません。

メニューの中にセビチェ・デ・バル(Ceviche de Bar)というものがあります。その日おすすめの魚100グラム分の小さめなセビチェ。お値段も30ソル(約900円)と少し手頃な感じでした。

想像していた通りにやはり絶品でした。新鮮なのはもちろんのこと、ライムの味もほどほどの酸っぱさ。お魚の食感ももうプリンプリン。そして透明感がありやはりキラキラしてるっ!付け合わせのカモテという甘い芋も茹でたてでホックホク、出てきた時には湯気がたっていました。ライムの酸っぱい味に加えてこのカモテの甘さがなんだかホッとするんです。

魚の素材そのものが良いので、刺身を好んだりする日本人にはきっとこのセビチェのプリップリの食感はたまらないはずです。

リマにはセビチェの名店が他にもあります。実はそこへも行ったりしてみたのですが、私は断トツでこちらの方が好みでした。食べ終わってしまうのが惜しかったぐらい。私がこれまでに食べてきたセビチェの中でもナンバーワンと言ってもいいくらいの味でした。

おすすめなのでぜひ行ってみてほしい

「美味しい」という表現は人によっても好みが違うのであまり食レポの参考にはならない言葉です。なので正直あまり使いたい言葉ではないのですが、思わず今回の記事では美味しいを連発してしまいました。なるべく他の表現でも書いてみましたが、このお店にぜひ足を運んでもらいたいという熱意が伝わっていただけたら幸いです。

このお店は以前ペルーに仕事関係で住んでいた日本人のかたに教えていただきました。おそらく接待などでも十分に通用できるお店なのだと思います。

スルキージョ市場も眺めていると活気があって面白いですし、周辺にも食べるところがたくさんあるので、食べ歩きなどもできるかもしれませんね。

この吊り下げられた看板がお店の目印です。

❤︎¡Buen provecho! ❤︎

お店の情報

ミラフローレスのロータリー、オバロ・デ・ミラフローレス(Óvalo de Mirafroles)から徒歩圏内。

オバロから伸びているリカルドパルマ通りを進んでいくとスルキージョ市場にぶつかります。市場の裏通りには魚介レストランが並んでいて、そのあたりから5分ほど歩いたところにLa Picanteríaがあります。

【La Picanteria】

場所:Sta Rosa 388, Surquillo 15047

営業時間:10:30〜17:00、日曜定休

シェアする

スポンサーリンク