スポンサーリンク

最近、日本でもお店が増えてきて少しづつ注目されてきているペルーの軽食、パンコンチチャロン(Pan con chicharrón)。簡単にいうとペルー風サンドイッチの一種なんですが、ペルーでは国民にとても愛されている代表的な軽食。今回はそのパンコンチチャロンについて色々と解説しようと思います。

パンコンチチャロンの意味は?

パンコンチチャロンとはスペイン語でチチャロンの挟まったパンという意味です。ではチチャロンとは一体どんなものかというと、

厚めにカットした豚バラ肉を、肉そのものの油と塩で水分が飛ぶまで茹で、表面をカリカリにして仕上げた塩味のきいたお肉

のことを言います。

ペルーのチチャロンの歴史については少し曖昧なところがあるようですが、ヨーロッパ大陸方面(特に言われているのはスペイン)からペルーに渡ってきた移民によって持ち込まれた調理法だと言われているようです。

ちなみにパンは日本語でも同じようにいうパンのことですが、コン(con)というのは英語で言うwithにあたる言葉で、料理などでもよく使われているスペイン語の関係代名詞です。

パンコンチチャロンの具は何が挟まってるの?

パンコンチチャロンには、パンの中にチチャロンとペルー風玉ねぎマリネのサルサクリオージャ(Salsa criolla)、そしてサツマイモフライが挟まっているのが一般的。本場ペルーではカモテ(Camote)という甘い味のする芋を使用していますが、サツマイモにとても似ているので日本ではカモテの代わりにサツマイモが代用されているようです。

パンは日本だとバーガー用のパンだったりベーグルだったり、食感もフワフワ、もちもちなど様々ですが、ペルーではフランスパンを使用。フランスパンといってもペルー独自のもので、表面はカリッとしていて(けっこう硬め)中はパサっとしていたりもちもちしていたり。形もバーガーのバンズのようにまん丸にまるっとしています。

〈サルサクリオージャのレシピはこちら〉

スポンサーリンク

パンコンチチャロンってどんな味?

基本的にはチチャロンの塩っぽさと酸味の効いた玉ねぎ、サツマイモの甘みが三位一体となった味です。ソースは唐辛子を使った少し辛めのものや、ハーブでできたマイルドなソースなど様々。

それぞれの具も手の込んでいるものですが、ペルーのソース類もたくさんの食材や調味料を混ぜ合わせているものがほとんどで、レシピを知れば知るほどペルーという国がいかに食材の豊富なグルメな国であるかがわかってきます。

Pan con chicharron(KIO)

(ペルーのチチャロンサンド屋さんKIOにて、まんまるパンにお肉たっぷり!)

日本でパンコンチチャロンの食べれるお店(東京)

ペルー料理屋さんへ行くとメニューの中に入っていたりすることもありますが、東京にはペルーサンドイッチ専門のお店もありますのでここでご紹介しようと思います。

【RANITOS(ラニートス )・新宿】

Raniros外観

新宿の歌舞伎町にあるペルーサンドの専門店RANITOS。サンドイッチの種類はチチャロンの他にロモという牛肉ステーキの挟まったものと、エスカベチェというサバのフライが挟まったものの3種類。セットにはフライドポテト付きでどれも1000円前後。

営業時間は平日の11:00〜16:00。Uber Eatsでの注文も可。各種イベントにも出店しているようです。

https://www.perugochi.com/entry/sangucheria-ranitos/

【KHUCHI(クチ )・原宿】

人気メニューのパンコンチチャロン2

原宿エリアにあるKHUCHIは、ペルー料理店bépocah(ベポカ)が週に3日、ランチタイムのみ営業しているお店。ペルーサンドはパンコンチチャロンの他にチキンサンドや白身魚フライのサンドイッチなど全3種類。セットにはサラダとポテトフライがついていて、どれも1000円前後。営業時間は月、金、土の11:30-15:00のみ。

ペルーでパンコンチチャロンの食べれるお店(リマ)

パンコンチチャロンを自宅で作ろうと思うと、お肉を茹であげ、野菜をカットしてマリネしたり揚げたりとけっこう大変なステップです。それなら外食しちゃおうっていう人たちが多いのも自然なことで、ペルーにはチチャロンサンド屋さんが町のいたるところにあります。

中でもよく見かけるのがラルチャ(La Lucha Sanguchería Criolla)というパンコンチチャロンの専門店。チェーン店なのでショッピングモールや空港などどこでも見かけると思います。

Laluchaの外観

ラルチャは特に観光客にも大人気で、住宅街などにある庶民的なチチャロンサンド屋さんに比べると少し高めの値段。私もここで食べましたが、少ししょっぱいかなという感じがしたけども全体的にはとても美味しかったです。ポテトもホクホクでしたよ!

Laluchaのセット

ペルーへ旅行した時に思い出したら立ち寄ってみてはいかかが?

あと私が個人的に気に入っている庶民的なチチャロンサンドのお店がTeo's(テオス)というところです。ミラフローレスからは少し離れたマグダレナという地区にあります。旅行だとなかなかこんな場所までは行かないかと思うので、ペルーに長期滞在していたり時間に余裕があって庶民的な雰囲気を味わってみたいっていう人にはぜひオススメです!

いかがでしたか。今回はペルーで人気のパンコンチチャロンについて色々とまとめてみました。ペルー料理は種類がとても多くて、他にも美味しい料理がたくさんあります。日本でもペルー料理屋さんで味わうことができるので機会があればチャレンジしてみてほしいです。新しい料理に出会えること間違いなしです!

スポンサーリンク
おすすめの記事