スポンサーリンク

ペルー料理の味を彩ってくれる付け合わせ料理、サルサクリオージャ。切って混ぜるだけのとっても簡単なレシピをご紹介しようと思います。

サルサクリオージャ

サルサクリオージャってどんな料理?

サルサとはスペイン語でソースのこと(音楽のサルサというのもありますがここでは料理用語で!)。ソースというぐらいだからペーストや液状のものを想像していたけども・・・。実はペルー料理ではこの見た目サラダのようなものがサルサクリオージャというものだったんですね。それを知った時には少し驚きました。

サルサクリオージャは南米アルゼンチンやウルグアイなどのお肉をよく食べる国でもステーキのソースとしてよく使われているんだそうです。アルゼンチンではみじん切りのタマネギやトマト、唐辛子などを酢で和えていて、チミチュリというお肉用のソースと一緒に使われることも多いのだとか。こちらの方がソースっぽいですね。

一方ペルーではタマネギの切り方に特徴があり、スライス状にカットしています。これにアヒアマリージョ(唐辛子)やコリアンダーのみじん切りなどを混ぜてライム汁で和えています。カレーの福神漬けみたいに、煮込み料理の付け合わせとしてプレートに盛られています。

このように料理の横に添えれらています。香辛料をたっぷり使っている煮込み料理にあわせると、さっぱりとしたライムのシャキシャキ感が口直しにぴったりです。

サルサクリオージャの下準備・冷凍アヒアマリージョの使い方

もうなかば「あるある」になってますが、ペルー料理は下準備に少し手間がかかります。でもそれさえやってしまえば、あとはもうあっという間にできてしまうのもペルー料理!

今回の下準備はまずアヒアマリージョ。

アヒアマリージョとはペルーの黄色い唐辛子のことで、数ある唐辛子の中でも辛さレベルの高いものです。南米食材店などに行けば冷凍のものやペーストのものが売られています。このサルサクリオージャでは冷凍のものを使用します。

この唐辛子、とにかく辛いです!袋から出して掴んだ時から辛そうな匂いがしてきます。この唐辛子をつかんだ手で目をこすったりしたら危険!ヒリヒリするから絶対にしないでくださいね。

とまあこれだけ辛いものでもあるので、湯抜きをして辛さを落としてあげる下準備をするわけですね。

ちなみに激辛が好きだというかたはこの作業は必要ありません!

冷凍のままだとカチコチなので常温で少し解凍しておきましょう。そして少し溶けてきたら半分にカットして中の種などをスプーンで取り除きます。あとでみじん切りにするので短冊状に細長くカットしてしておいてもいいと思います。

そこまでできたら熱湯をかけます。

これで辛さも落ち着いてくれます!そのあとはみじん切りにしてしまってください。

次は玉ねぎ。繊維にそって薄くスライスしましょう。私は包丁さばきがあまり得意ではないのでスライサーを使っています。

玉ねぎの辛みを抜くために砂糖水に1〜2分ほど浸します。分量は玉ねぎ半分に対して大さじ2の砂糖。お水はひたひたです。

時間が経ったら軽くもんで洗い流し、水をよく切ります。

玉ねぎの辛みを抜く方法は、塩を使ったり電子レンジでチンしたりと人それぞれ好みのやり方があると思いますので、その方法にならってやっていただければと思います。

スポンサーリンク

サルサクリオージャの作り方・パクチーの代わりにパセリでもOK!

サルサクリオージャに必要な材料と分量

  • 紫玉ねぎ・・・半分
  • アヒアマリージョ・・・半分
  • レモン(ライムでもOK)・・・半分
  • コリアンダー(パセリでも代用可)・・・適量
  • オリーブオイル・・・大さじ1ぐらい
  • 塩・・・適量
  • ブラックペッパー・・・適量

ここまで準備ができたらあとは混ぜ合わせていくだけです。

よく水を切った玉ねぎにコリアンダーとアヒアマリージョを混ぜ合わせて、オリーブオイル、塩、ペッパーを混ぜて味を整えます。

パクチーが苦手な人はパセリでも代用できます!

個人的なポイントとしては、塩を気持ち多めに入れると味が整う気がします。そしてできればお塩は海水でできたナチュラルなものを使用してくださいね。

オリーブオイルを加えると玉ねぎがしんなりしてくるので、玉ねぎのシャキシャキ感を味わいたければできたてで食べることをお勧めします。

チチャロンサンドに欠かせないサルサクリオージャ

サルサクリオージャはサラダ感覚でそのまま食べても美味しいですが、ペルーでは国民に大人気のチチャロンサンドに絶対欠かせない付け合わせなんです。

チチャロンサンドとは豚バラ肉を茹でたもの、揚げた甘い芋(日本ではサツマイモ)、そしてサルサクリオージャの味が三位一体となったペルーのサンドイッチです。

日本のペルー料理屋さんでもチチャロンサンドを食べることができますので、気になったら是非食べてみてください!

https://www.perugochi.com/entry/sangucheria-ranitos/

スポンサーリンク
おすすめの記事