スポンサーリンク

リマの旧市街セントロ。このあたりの定番観光スポットといえば、大聖堂や大統領府のあるアルマス広場や教会などが多いですが、実はその近く、アルマス広場から少し歩いたところに屋台の食べ歩きができるスポットがあります。

アラメダ・チャブカ・グランダとは

ここでご紹介するのはリマのセントロにあるアラメダ・チャブカ・グランダ(Alameda Cabuca Granda)という広場です。一見ただの広場で観光スポットでも何でもないんですが、週末になると屋台や大道芸人などがたくさん現れ、地元の人たちがのんびりする憩いの場ともなっているようです。

屋台は食事というよりもスイーツ系が多め。価格も5ソル前後(160円ぐらい)のものが多くて、いろんなものを試してみるにはちょうど良いぐらいです。

この広場はアルマス広場から川岸の方へ、ゆっくり歩いても10分ぐらいです。この川の反対側は雰囲気が一変して治安も悪くなるので、間違っても橋を渡って行ったりしないように気をつけてくださいね!

ペルーのみんなも大好き!おすすめはピカロネス

さて、この広場に着いてみると、赤と白い屋根の小さな屋台がいっぱいあって何を食べようか迷ってしまいます。

この広場で食べてほしい私のおすすめはピカロネス。生地にカボチャを使っているドーナツのようなお菓子で、黒蜜のようなシロップをかけて食べます。

これがピカロネス。5ソルぐらいでした。

量が多めに見えるけど、ドーナツ自体はフワフワなのでペロリと全部食べきれてしまいます。このシロップがあまり食べたことのない味で、黒蜜をいろんな種類のハーブとシナモンで煮込んでいるそうです。甘いけどサラッとしたシロップなので浸して食べるような感じです。

アラメダ・チャブカ・グランダの屋台といえばピカロネスという感じでYouTubeなどでもよく紹介されています。ぜひここへきたら試してもらいたい一品。

スポンサーリンク

激甘スイーツ!そして麦を煮込んだ謎の健康ドリンク?!

このソフトクリームのようなスイーツはススピロリメニョ(Suspiro Limeño)というもの。白いフワフワな部分はメレンゲです。泡食べてるみたいだけど激甘です!さらにカップの下のほうに沈殿しているものは、たっぷりミルクと砂糖を煮込んだこれまた甘々なキャラメルのようなものでした。

ちょっとストリート系の味かな…。おそらくカフェなどで食べれる同じスイーツだともうちょっと甘さも控えめなのかなという気がしました。これも5ソルぐらいで安いので、好奇心旺盛な人はぜひ観光の記念に試してみては…?

そしてこちらが謎の麦ドリンク!

これはエモリエンテ(Emoliante)といって、いろんな麦類を煮出して作るドリンクなんだそう。日本在住経験のあるペルー人ファミリーいわく、一言で「麦茶だよ」と言われたけど何かちょっと違う!

ちょっとドロっとしてて薬みたいな変な味!あまり美味しいものではなかったけども、亜麻仁とかも入ってるらしいので体にはいいみたいです。

エモリエンテはペルーで一般的に飲まれているドリンクで、フルーツの味付けがされて飲みやすくなっていたり、スーパーなどには自宅でも煮出せるように麦がセットになって売られていたりもします。

寒い時にホットで飲むとさらに健康ドリンク感が出そうですね。ちなみにこの屋台のはぬるかったです…。

週末の早目の時間帯が散歩におすすめ

先にも書きましたが、この広場アラメダ・チャブカ・グランダはアルマス広場からも近いです。屋台が出るのは週末だけみたいですが、週末はのんびり過ごしたりする地元の人たちでごった返してるので、散歩がてらに早い時間帯に行くのがおすすめかなと思います。

食にあまり興味のない人にとっては少し退屈な場所かもしれないですが、リマはグルメ大国とも言われている国だし、ひとつやふたつ何か気になる食べ物を発見できるかもしれません!

スイーツ系が多いとも書きましたが、アンティクーチョ(ペルーの牛ハツ串焼き)の屋台もあるようでしたよ。ご飯食べ損ねてても軽食程度ならとれそうです。また広場の一角にはペルー料理ブッフェをやっているところなども見かけたので、地元の人たち同様にのんびりと週末を過ごしながらペルーの食を楽しんでみてください!

スポンサーリンク
おすすめの記事