ペルー料理のロモサルタードを徹底解説!レシピやレストランの紹介付き

ペルー料理が美食と言われ、世界でも注目を浴びるようになり早何年…。しかし日本ではまだそれほど注目されている感じがあまりしていません。そこで今回はペルーの国民食ともいわれている人気料理、ロモサルタードを皆さんにも知っていただきてくて、レシピやロモサルタードの食べれるお店などをご紹介しようと思います。

lomo-hikari

スポンサーリンク

ロモサルタードってどんな意味?

ロモサルタードとは、ひと言で簡単にいうと牛肉の炒め料理のことです。

ロモ(Lomo)とは牛肉のことを指し、サルタード(Saltado)とは炒め料理のことを言っています。

スペイン語の説明を少しすると、サルタードとは炒めるという意味の動詞・Saltear(サルテアル)からきているそうです。だとするとサルタードではなくサルテアード(Salteado)になるのではないの?と疑問に思うかもしれません。でもそれも間違いではないようで、サルタードという言葉は主に料理のことを言う時、ペルーやベネズエラなどでよく使われている表現なんだそうです。

似たような動詞でSaltar(サルタール)というものがあり、過去分詞に変化するとSaltado(サルタード)なのですが、こちらは跳ぶとかジャンプするといった意味の動詞でまた別物です。

ロモサルタードってどんな料理?

ペルー料理レストランへ行くと、メニューにはこのような説明が書かれていることが多いです。

  • 牛肉と玉ねぎ、ポテトのバルサミコ醤油炒め
  • 牛肉、玉ねぎ、トマトとポテトフライ炒め
  • 牛ひれ肉と野菜のバルサミコ醤油炒め etc…

どれも似たり寄ったりの表現ですが、使用している食材をまとめると牛肉、玉ねぎ、トマト、ポテトフライの4種類。味付けに醤油やバルサミコを使っているのが特徴です。

醤油を使っているのがなんだか意外な感じしませんか?なぜペルー料理に醤油なのかといいますと、ロモサルタードは昔、中国からペルーへ移住してきた人たちが、もともと現地にあった牛肉炒めをアレンジして変化させて生まれた料理なんだそうです。ちなみに醤油はペルーでは一般的な調味料として家庭でも使われています。

そういった背景などもあり、ロモサルタードは中華料理の影響を受けているので、日本人の口にも合うといわれているんですね。

醤油以外には肉の下味としてニンニクや赤ワイン、塩コショウ、クミン、炒める時の味付けとしてバルサミコ酢やオレガノなども使用したりします。バルサミコの代わりに酢を使ったりトマトだけで酸味をだす場合もあります。

ペルーにはこのように移民による影響をうけた料理が数多く存在しており、中華料理とペルー料理が融合したものを「チファ(Chifa)」と言って、現地の人々に親しまれています。ただ、ロモサルタードはチファというカテゴリーではなく、どちらかというとペルー料理の仲間に入っているようです。醤油を使っているので、中には日本とペルーの融合したニッケイ料理、コミーダニッケイだという人もまれにいます。

ロモサルタードのレシピをご紹介

ロモサルタードは炒め物なので作り方はそんなに難しくないのですが、少し準備に手間がかかるのが難点なんです。

ここで私がペルーのリマで料理教室に参加したときに教わったロモサルタードのレシピをご紹介しようと思います。作ってみたいかたはぜひチャレンジしてみてくださいね!

【準備するもの(4人分)】

  • フライドポテト用のジャガイモ・・・小さめ6個、大き目だと3個
  • 牛ヒレ肉・・・500g
  • 玉ねぎ(ムラサキ玉ねぎが彩りよくなるのでオススメ)・・・大き目1個、小さ目だと2個
  • トマト・・・1個
  • 酢・・・大さじ3
  • 醤油・・・大さじ2
  • 赤ワイン・・・大さじ4
  • パセリと(または)コリアンダーの葉・・・適量
  • にんにく・・・3かけ
  • 油、塩コショウ、クミン(好みで)・・・適量
  • オレガノ・・・大さじ1
  • 肉または野菜のだし汁・・・適量
  • アヒアマリージョ(黄色い唐辛子・好みで)・・・細かく切ったものを適量
    ※激辛なので分量に要注意
  • 付け合せ用の白いご飯・・・適量

ロモサルタードに使用する材料

【作り方】

  1. 牛肉を細切り(小指大ぐらい)にし、塩コショウ、クミン、ニンニク(みじん切り)、油(大さじ1)で下味をつける
  2. 玉ねぎとトマトを8~10等分に切る(玉ねぎは繊維の目に沿って、ともに細長く)
  3. ジャガイモの皮をむきフレンチフライ用にカットし、表面がこんがりした色になるまで揚げる。揚げ終わったものはペーパーに乗せて油をきります
  4. フライパンを熱くなるまで温めて、少量の油をいれる。肉を入れて1分ほど待ち、その後裏返してまた1分(両面に焼き色が付く程度)。お肉の中がまだ完全に焼けていない状態でも一度フライパンから取り出す。
  5. 同じフライパンで玉ねぎを1分ほど炒めたあと、だし汁を加える。動かしながら炒めて、玉ねぎの皮がはがれてきたころに、アヒアマリージョを加える。
  6. 玉ねぎが色づいてきたらトマトを加えて、ときどき動かして水分をとばしながら2分程炒める。
  7. 炒めた肉をもう一度フライパンに入れて、お酢、赤ワイン、醤油を加える。さらにだし汁を適量加えて液状のソースのようにし、煮立たせて火を止める。
  8. パセリとコリアンダーの葉を加え、オレガノと塩で味を調整する
  9. 皿に盛り、揚げておいたポテトを添える。
  10. 付け合せのご飯を盛る

ロモサルタード出来上がりイメージ

準備が大変ですが、炒め始めてしまうとあっという間にできてしまいますよ。材料の分量は目安に書いていますので、好みの味に調整して自分の味を見つけてみてください!ちなみに私は、ポテトを揚げるのが面倒な時はすでに揚げてあるものを買ってきて使用しています。時短にもなりますよ!

ロモサルタードの本場、ペルー人の友人から聞いた調理法ワンポイントもご紹介しておきますね。

  • 中華料理を作るように熱々に熱したフライパンで、強火で勢いよく豪快に炒めるのがコツ。お肉を炎でフランベしながら炒めるぐらい勢いよく焼いていいと思います。ペルーではウォック(Wok)といわれる底の深い中華鍋を使用していることが多いようです。
  • ポテトフライは肉や野菜と一緒に炒める派と、炒めずに横に添える派に分かれるみたいですが、トッピングのように横に添えて出す方が見た目もサクサクした食感的にも人気があるようです。でも食べるときはもちろん、ポテトをしっかりと炒め汁に浸して食べてください!

ロモサルタードが食べれるお店(東京・神奈川)

さて、ロモサルタードについて少しわかっていただけましたか?自分で作るよりもまずは食べてみたい!って思っているかたのために、ロモサルタードが食べれるおすすめのお店を紹介しようと思います。

※おすすめ基準はあくまで私個人の判断です。ロモサルタードが食べたいなって思った時に思い出す味で選んでいます。

【HUANCHACO ワンチャコペルー南米酒場・新大久保】

ワンチャコのロモサルタード

ワンチャコのロモサルタードはバルサミコのきいた味付けががとても良くて、ソースをおかずにして白いご飯が食べれてしまうほど。みんなでシェアしたらきっと一瞬でなくなってしまうことでしょう!お店は大久保駅から近く、新宿駅からも徒歩圏内なので立地性も文句なしです!

住所:東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル 地下1階

電話:03-3368-2780

営業時間:〈ランチ〉11:30〜15:00〈ディナー〉17:30〜23:30

定休日:不定休

【ミラフローレス桜ヶ丘店・渋谷】

ミラフローレス渋谷のロモサルタード

お店は渋谷桜ヶ丘とスペイン坂の2ヵ所にあります。だいぶ日本人向けに味付けされているなと感じる食べやすいロモサルタード。

【ミラフローレス桜丘町店】

住所:東京都渋谷区桜丘町28−3

電話:03-3462-6588

営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00

定休日:月曜日

【KEIMI ケイミ・神奈川 鶴間】

ケイミのロモサルタード

日本在住のペルーの人たちが口をそろえて美味しいと言っているケイミのロモサルタード。場所柄、外国人のお客さんの多いお店。シンプルで庶民的な味。ボリューム満点です!

住所:神奈川県大和市西鶴間1丁目8-13

電話:046-273-1096

営業時間:11:00〜22:00

定休日:月曜日

【TIKI RESTRANT ティキレストラン・神奈川愛川町】

TIKI ロモサルタード

ティキのロモサルタードは味がそんなに濃すぎず、飽きのない家庭的な味。しかもボリューム満点!トッピングにあるワカタイソース(ワカタイとはハーブの一種・写真にうつっている緑のソース)の美味しさが他の店にはない最強ポイント。車がないと行きづらくて、車のない人にはなかなか気軽に行けないところが難点ですが、味は間違いなくおすすめです。

住所:神奈川県愛子郡愛川町中津7389-1

電話:046-286-1211

営業時間:火〜金 10:00-14:00, 18:00-21:30 土日 10:00-21:30

❤︎¡Buen provecho! ❤︎