スポンサーリンク

暮らすように旅をするのが好きな人は、観光地を巡ることよりもスーパーマーケットや市場を巡っている方がけっこう楽しかったりするんですよね。私も市場は大好きで旅先では必ず立ち寄っています。リマにも週末に開催されているオーガニックマーケットがあり、お土産にしたくなるようなものがたくさん売られています。そんなリマの市場をたっぷりとご紹介しようと思います。

ブラジル通り日曜開催!リマ最大級のオーガニックマーケット

毎週日曜日の午前中、マグダレナ地区に伸びる目抜き通りでもあるブラジル通りの一部が閉鎖され、オーガニック市場の会場となります。

ブラジル通りのオーガニックマーケット

ピンクや黄色などカラフルなテントが何件も連なり、そこに野菜やフルーツ、健康食品などを売っているお店がたくさん並んでいます。近所の人たちがエコバックを持って買い物に来ている姿が目立っていて大変賑わっています。

このホオズキのような見た目のフルーツはアグアイマントというペルー原産のフルーツ。日本ではゴールデンベリーやインカベリーなどとも言われていて、ミニトマトにそっくりの実でオレンジ色をしています。甘さと渋さの混じった不思議な味だけども、抗酸化作用が抜群なんだそうです!アグアイマントは皮をむいた状態でも売られているし、ドライフルーツでも売られているのでお土産で持って帰ることもできます。

飲食店もいくつかあり、健康フードを使った体に良さそうな食べ物も売っています。パンケーキやコーヒーなどを飲みながら、日曜の朝をのんびり過ごすのも楽しいと思います。チアシードの入ったレモンケーキ、とても美味しかったです!

アマゾン料理が食べれる屋台もありました。こういうお店ってなかなかないと思います。珍しい料理なので眺めているだけでも楽しかったです。

バナナの葉っぱで包まれたちまきのようなものは、フアネというアマゾン料理の代表的な蒸し料理。中にはお米やチキンなどが入っています。

【Agroferias Campesinas MAGDALENA】

場所:Av. Brasil Cdra 32, Magdalena del Mar

ブラジル通りはマグダレナ地区とサンフェリペ地区の間にある大通りで、市場はハビエル・プラド通りの交差するあたり(32番目の角)で開催されています。※マップ上、KFCのある角あたりです。

毎週日曜日、午前7時〜午後2時まで開催。

※2019年、一時期開催されていなかった時期があったという情報あり。

サンフェリペ住宅地内のオーガニック市場は月に一度開催!

ヘススマリア地区、サンフェリペショッピングセンター内の広場でも月に一度だけオーガニックマーケットが開催されています。こちらも先に紹介したブラジル通りの市場と同じ団体であるアグロフェリアスカンペシーナス(Agroferias Campesinas)が開催しています。広場そのものがこじんまりとしているので市場自体もさほど大きくはないですが、それでもたくさんの野菜やフルーツ、健康食品、加工食品などが売られていて大変賑わっています。

オーガニック市場では、いわゆるスーパーフードと言われているキヌアやマカ、キウィチャ(アマランサス)など、日本でもあまり簡単には手に入らないようなものがたくさん売られています。しかも日本の値段の半額以下で!だいたい1袋10〜15ソル(350円前後)で売られています。

キヌアにしても茹でるタイプのものから粉末、パフのものまでいろんな種類のものがあります。キヌアはスーパーマーケットでも売られていますが、市場の方が種類も多いし安いので、もし安く手に入れたいのであればぜひ市場で探すことをおすすめします!

キヌアのような健康食品以外にもペルー産のコーヒーやチョコレートなどお土産になりそうなものがたくさん売っています。コーヒーはその場で飲めるようにカップでも販売されていますよ!

【Agroferias Campesinas JESÚS MARIA】

この市場が開催されるサンフェリペショッピングセンターには、日本食やニッケイ料理をはじめとしたたくさんの飲食店があります。しかもいつもたくさんの人で賑わっているんです!市場のついでにこのあたりのレストランでも食べてみてるのもおすすめです!当ブログでもレストランを紹介しています。

上記のマップはレストランGARDENの位置になっていますが、市場はここのすぐ横にあります!

場所:San Felipe: Plazoleta de los bancos – Residencial San Felipe

開催日時:毎月最終土曜日 、9:00〜16:00

Website:https://www.agroferiascampesinas.com

Agroferias Campesinasのオリジナルエコバッグを当ブログのショップでも販売しています!よかったらのぞいてみてくださいね。

スポンサーリンク

毎週末開催、ミラフローレスのビオフェリア

そしてもう一つの市場をご紹介。観光客の多いミラフローレスでは、毎週土曜日の8時〜14時半にビオフェリアというオーガニック市場をやっています。

【Bioferia MIRAFLORES】

パルケ・レドゥクトという大きな芝生の公園のわきにある通りに市場があります道路の片側にしかお店がなくて、先に紹介したブラジル通りの市場に比べるとこじんまりとした感じですが人はたくさんいましたよ!お店によっては覗き込むのに一苦労するほど。

見たことのない野菜やフルーツも売られていて、眺めているだけでも楽しいです。もしペルーで生活していたら色々買えるのにな。

こちらにもキヌアをはじめとしたたくさんのオーガニック健康食品が並んでいます。やはりここでも日本の半額以下のお値段で買うことができます!

パウダー系の健康食品も多く、こういったものはスムージーやお菓子作りなどに混ぜて使うことができます。

このビオフェリアは観光客で賑わう繁華街ミラフローレスの外れにあるせいか、外国人や富裕層の感じが漂う人たちで賑わっている印象でした。

日曜日はスルキージョでもビオフェリア開催

ちなみに同じく、ミラフローレス近くのスルキージョ市場あたりでも同じビオフェリアを日曜日に開催しているようです(8時半〜14時)。スルキージョはパルケ・レドゥクト公園からも歩いて10分ほどの場所にあり、市場近辺にはセビチェやシーフード系のレストランもたくさんあります。ただしレストランは日曜日定休なところも多めなので行く前に要チェック。

スルキージョのおすすめレストランはこちらでもご紹介しています。

市場で購入したお土産を紹介

ほんの一部なのですが、私が市場で購入したものをご紹介しようと思います。

  • ドライアグアイマント・・・アグアイマントがドライフルーツになったもの。そのまま食べれます。
  • ペルーオリーブのパテ・・・紫色したペルーのオリーブを細かく砕いたもの。フランスパンやクラッカーなどに乗せて食べると美味しい。もちろんペルー料理の付け合わせにも。
  • 粉末のアルガロビナ・・・アルガロビナは南米原産の木の実から取れるもので、メイプルのような甘味があるのでお菓子やスムージーなどにも使えるフレーバー。シロップ状のものもスーパーでよく売られています。

値段はいずれも300〜500円ほどでした。どれも日本に持って行けるものなのでお土産としてもおすすめです。

こちらはキヌアとキウィチャとカニワのミックス!プロテインにカルシウム、食物繊維がこれで一気に取れてしまう優れもの。パフになっているのでそのままヨーグルトやフルーツ、サラダにかけて食べることができます。パフ状のキヌアなどは日本では入手困難なものなので、健康食品が好きな人には大変おすすめ。値段も300円ほどです!

リマは最近オーガニック志向の飲食店やスーパーなども少しずつ増えてきているようで、こういった市場に来てもたくさんの人で賑わっています。もし週末にリマにいる時間があればお土産探しや散歩がてらにぜひ立ち寄ってみてください!

スポンサーリンク
おすすめの記事