スポンサーリンク

タコスっていうとトルティーヤの皮に細かく切ったお肉や野菜などが乗せられた軽食で、カジュアルに飲みたい時のつまみ以上おかず未満的なフードのひとつというイメージですね。最近ではメキシコ料理店などでも具の種類の豊富なところがけっこう増えてきていますが、今回はそんな中でもしっかりおかずとしていただけるタコスが食べれる三軒茶屋のメキシコ料理店をご紹介しようと思います。

本格味付け料理にアットホームなお店

三軒茶屋駅から5分ほど歩いたところに、mi Casa(ミカサ)というこじんまりとしたメキシコ料理店があります。ミカサとはスペイン語で「私の家」という意味で、その名のように自分の家にいるかのようなアットホームなお店。

お店のオーナーはメキシコに住んでいた経験があり、元ボクサーという経歴の持ち主。メキシコ時代から飲食関連の仕事に携わり、日本へ帰国後もメキシコ料理レストランでの修行を重ねるなど、メキシコ街道をしっかりと歩んできているかたです。そんな気さくでフレンドリーなオーナー自らが、秘伝の味付けの10種類のタコスを作っています。

暑い夏でもどんどん食べれる牛肉の冷製マリネタコス

タコス・サルピコン(Salpicón de Res)・・・450円

サルピコンというのは牛肉の冷製マリネのことをいうんだそうです。私は以前メキシコに住んでいたことがあるのですが、グリル系のタコスばかり食べていたので実は日本で初めてこのサルピコンを食べました。ビネガー味でさっぱりとしているので、お肉が入っていてもサラダのような感覚で食べれます。

こんなに美味しいものがあったのかと驚いてしまいましたが、このサルピコンに限らず、ミカサのタコスメニューには10種類ものこだわりの味付けされた具のタコスが揃っているんですよ!

スポンサーリンク

ピリ辛でヘルシーななポテサラタコス

タコス・ギサードス(Guisados)

実はこのタコス、メニューにないものでした。私がさっぱりしたものを好むのを知ったオーナーが、メニューの中にあるメキシカンポテトサラダ(Papa con Rajas)をトルティーヤに乗せて出してくれたもの。このポテトサラダには酢漬けにした唐辛子が混ぜ込まれているんですが、辛さはかなり控えめです。

メキシコ時代は、タコスといえば油でギトギトのホットで辛いヤツ!と思って頑張ってグリル系のタコスばかり食べていましたが、小さいものでもいつも1個か2個が限界でした…。でもこんなにさっぱりしたサラダ系タコスなら栄養も取れそうだし、ご飯としてしっかりと食べれそうです。

お肉のタコスは煮込み系がメイン

私が個人的にさっぱり系を好むので、サラダタコスばかりの紹介になってしまいましたが、もちろんお肉のタコスもあります!ミカサのタコスはグリル系というよりも、お肉を長時間煮込んで、しっかりと味付けされたギサードという具のタコスがメインです。どんなものがあるかというと、

  • カルニータ(Carnita・豚肉のオレンジ煮)・・・400円
  • ティンガデポヨ(Tinga de Pollo・鶏むね肉のトマト煮)・・・400円
  • ティンガデレス(Tinga de Res・牛肉のトマト煮)・・・450円

などがあり、これらのメニューがお店でも人気のタコスとなっているそうです。豚肉、牛肉、そして鶏肉の3種類がしっかりと揃っていて、しかもこのお手頃なお値段!

初めてでどんなタコスを頼めばいいか迷ってしまっても「本日のタコス(3種類)1,100円」というのがメニューにあるので、そこからスタートしてみるのも良いと思います!

そしてミカサのタコスは無科学調味料で作られているところもポイントです。ヘルシーな上にオーガニックなところもいいですね。女性の方にもたくさん食べてみてほしいです。どれを選んでも家庭的な味のするタコスは本場メキシコ生まれの人でも美味しいと太鼓判を押しているほどなんですよ。

食べ出したら止まらないメキシカンタパス!

ミカサにはメキシコのビールやテキーラなども豊富に揃っています。それらのお酒に合うピリ辛系のタパス(メキシコのおつまみ)もまた絶品。

ナチョスはメキシカン料理の代表的な温かいつまみですが、ここのナチョスは食べ出したら止まらない!まずナチョスには欠かせないトルティーヤチップス(メキシコではトトポスと言われている)は自家製で、味付け何もなしでも美味しく食べられるほどの上質なもの。食感といい香ばしさといい、他のメキシコ料理店でもなかなか出会えない自慢の美味しさ。そのトトポスにチーズやメキシカンサルサ、フリホーレス(豆を煮込んだもの)を載せてオーブンでしっかりと焼き上げています。本当にこれ、ビールに合います。

こちらはモジェテス(Molletes)というおつまみ。パンの上にワカモレ(アボガドのディップ)やチーズ、メキシカンサルサをトッピングしてオーブンで焼いたもの。先程のナチョスにもちょっと似ていますね。こちらは辛味よりもパクチーの香ばしさが加わっている感じです。パンを使っているのでけっこうお腹にたまりますよ。

ミカサのタパスの価格はどれも500円前後。味も美味しいし食べ応えもあるので大満足すること間違いなしです!

プレート料理でしっかりとお食事もできる

ミカサはお酒やつまみがたくさん揃っているので居酒屋のような雰囲気もありますが、しっかりとした食事をすることもできます。

モレ(鶏モモのチョコレート煮)

実はメキシコ料理には無形文化遺産になっているものがあるんです。それがこちらの伝統料理、モレというもの。知る人ぞ知る料理の一つで、チョコレートや唐辛子で煮込んだソースのかかったお肉料理。なかなか手強い味を想像してしまいますが、チョコレートだけでなく唐辛子や様々な調味料をふんだんに使っている奥の深い料理なんです。手作りのモレを食べれるお店も滅多にないと思うので気になる方はぜひこちらでお試しあれ。

そしてメキシコでは定番のお肉のグリル料理アラチェラ(Arrachera)。これは牛ハラミ肉を焼いたもので、メキシコではこのお肉を味付きのライスなどと一緒にトルティーヤに巻いて食べます。もちろんプレート料理としてこのままでも食べれますが、本場風にトルティーヤに巻いて食べるのもおすすめです。

ミカサ(mi Casa)のお店情報

日曜日はカップルや家族連れのお客さんがよく訪れているそうですが、平日や週末の夜などはお一人様や常連客なども多いそうです。近所に住んでいる常連さんが遅い時間からやってくるような居酒屋的な雰囲気もあるいっぽう、メキシコに行ったことのあるメキシコ通などにも人気のあるお店です。また、メキシコに興味のある方は、メキシコ生活経験のあるオーナーともいろいろお話ししてみるときっと楽しいひと時が過ごせると思いますよ。

【タコス・ミカサ Tacos mi Casa】

場所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2丁目8

営業時間:18:00-24:00(火曜定休)

電話番号:03-6804-0433

スポンサーリンク
おすすめの記事