スポンサーリンク

siete sopas cocina

7日間の日替わりソパ!

ソパ(Sopa)とはスペイン語でスープのことです。お店の名前が「7つのスープ」という意味であるように、日曜日から土曜日まで日替わりのスープを味わうことができる人気のお店です。

ペルーを紹介している人気YouTuberがここを紹介しているのを見て、私も前からずっと気になってるお店でした。

siete sopas 外観

シエテソパス(Siete Sopas)はリマに2店舗あり、そのうちの1店であるリンセの方へ行ってきました。午後2時ごろに行ったのにもかかわらず待ってる人がたくさんいてビックリ!(というかペルーではこの時間帯がランチのピークなんですよね…)案内された席も相席でしたが、ちょうどランチを終えた人たちと入れ替わるころだったようで、その後はパラパラと人が減っていく感じでした。

定番メニューのソパクリオージャ

Siete Sopasのメニュー

私が行ったのは月曜日「SHAMBAR」というスープの日でした。うーーむ、聞いたことないスープの名前。本当は木曜日「PATASCA」の日に行きたかったのですが、限られた日程の中での行動だったので仕方なく月曜日になってしまい…。

せっかくだからSHAMBARを試してみても良かったんですが、PATASCAがないのであればまずは人気レストランの定番メニューを試してみたく、今回はソパクリオージャ(Sopa Criolla)を頼むことにしました。ちなみに定番で毎日用意されているのがこのソパクリオージャとカルドデガジーナの2種類。

ソパには自家製パンがついています。

このパンは薪窯で焼いているそうです。カリカリに見えたので温かいうちに食べた方がいいと思って頬張ってみたら、意外にもモッサリとした食感。これはパンだけで食べるというよりもまさにソパと一緒に食べるとか、浸して食べた方が美味しい感じです。

sopa criolla siete sopas 1

こちらがソパクリオージャ(中サイズ)。お値段18.90ソル(640円ぐらい)。ペルー料理って頼むといつも巨大だから、中サイズを頼んで一緒に行った友人とシェアしようと思ったんですが、思ってたほど大きくなくて1人でもぜんぜん食べきれそうでした。

ソパクリオージャはミルクが入っててトロッとしてるのが特徴。中には細いそうめんのようなパスタが入ってて、他にも小さくカットして焼いたお肉や卵焼き、ジャイアントコーン(チョクロ)なども入っているので、スープといっても具がたっぷりなので結構お腹にたまります。ここのはとろけるチーズが入っててさらに濃厚な感じのスープになっていました。ちょっと赤い部分が見えてるのはアヒパンカ(唐辛子)だと思うんですが、スープ全体の味にインパクトが出て、全然辛くないです!やっぱり人気のスープ店なだけあり美味しいです。

ajo de gallina siete sopas

そしてもう一皿、おなじみのアヒデガジーナ。お値段16.90ソル(570円ぐらい)。そろそろ食べたことない料理をトライしたいんだけど、どうしてもその時食べたいものでいくと定番になってしまう…。もうペルーに住むしかないですね(*´-`)

スポンサーリンク

シエテソパスのお店情報

シエテソパスのリンセ店は、地区の目抜き通りであるアレキパ通り沿いにあります。この通りはとにかく賑やかで、大きなスーパーやファミレス、飲食店などが並んでおり、さらに垂直に交わるリッソ(Risso)という通りにはナイトクラブやバーなどがあって夜の繁華街となっている地区です。

また、名店のレストランや人気店も多く、グルメな人にとっては注目のエリアでもあります。ロモサルタードの種類が豊富なレストラン「ドーモサルタード」もこの近く!

siete sopas 店内

天井が高くて開放感のある店内。

【シエテソパス(Siete Sopas)】

住所:Av. Arequipa 2394, Lince, Lima

営業時間:24時間営業

スポンサーリンク
おすすめの記事