スポンサーリンク

ペルーのリマにバランコという地区があります。美術館やオシャレなレストラン、バーが立ち並ぶアーティスティックなイメージの地区でした。そんなバランコへ初めて行ってみて感じたことや町の様子などをたっぷりとご紹介しようと思います。ようこそバランコへ

バランコまではミラフローレスから散歩がてらに

バランコは繁華街ミラフローレスからそんなに遠くありません。タクシーやバスで行くのもありですが、歩くのが嫌いでなければ散歩がてらに歩いて行くこともできます。私もミラフローレスから歩いて行ったのですが、ゆっくり歩いて1時間ぐらい見ておけばよいかと思います。ちなみにミラフローレスからの出発地点は、海沿いにあるショッピングモール・ラルコマル(LARCOMAR)前のアルメンダリス通り(Armendariz)になります。

イメージ通りアーティスティックなとこだった

コロニアル調のカラフルな街並み

バランコ地区に入ると急に雰囲気が変わってきて、街並みがこじんまりとして建物もカラフルになってきます。この景観はメキシコのコロニアル都市にもすごく似ていて、個人的にはもう何度も何度もこのような景観を見てきたのでさほどの感動はありませんでしたが、スペイン植民地時代のコロニアルな町並みを初めてみるという方にとっては面白い景観かもしれません。

アーティスティックな壁画

しかしもう少し歩いてバランコの観光エリアに入ると、突然壁画が現れてきます。ここで「いよいよバランコに来た」と感じてきました。

アーティスティックな壁画

うわっ、確かにオシャレだわ!

こういったアーティスティックなエリアというのは、決まって欧米の人とか芸術家が好んで住み着んでいたりするイメージですが、ここも例外ではないようでした。それらしき人たちと地元民と思われる人たちでいっぱいでした。

広場でミュージシャンに遭遇

こんな場面にも遭遇しました。

おそらくキューバ人によるサルサの生演奏をしようとしていたのでしょうが、地区のパトロール隊に「許可はとってるのか」みたいなことを言われて演奏ができなかったみたいです。生演奏見たかったけども、彼らは結局スマホの音源を最大にしてかけ、それに合わせて踊るという苦渋の選択をしていましたがそれはそれで面白かったです。

スポンサーリンク

ためいき橋で願い事を唱える方法

植物に囲まれたため息橋

バランコ1番の見どころスポットとも言えるため息橋。スペイン語ではプエンテ・デ・ロス・ススピロス(Puente de los Suspiros)と言います。なんだか口がモゴモゴして言いにくいですが、この橋はとても有名なのでススピロスとか、もっと簡単にススピロとか言うだけでも全然通じてしまうようなところです。

このため息橋では息を止めたまま渡りきることができると願い事が叶うという言い伝えがあるようです。あまりやっている人は見かけませんでしたが…、旅の思い出や話のネタにやってみるのもいいかもしれません。

ボヘミアン調の小道

ため息橋あたりから海の方へ向かって歩いて行くと、オシャレな小道がしばらく続き、手作りのアクセサリーや飾り物などを売っている露天が並んでいます。

夕焼けの海

日本にもありそうな少し懐かしい感じのする風景でした。

リマの海岸線

そして最終的にはこのような海岸にたどり着きます。夕暮れ時はとてもロマンチック。情熱的な黒髪のラテン少女と、金髪の青い目をした少年の若いカップルがイチャイチャしながら幸せそうに夕日を眺めている姿を見て、なんだか少し刹那的なものを感じてしまいましたが、これがバランコの姿なんだろうなと思ったのであります。

牛ハツの串焼き有名店でアンティクーチョに挑戦

ため息橋近辺

ため息橋のすぐ脇にある階段の途中にある、エル・ティオ・マリオ(El Tío Mario)というお店に入りました。青い壁のお店です。ここはアンティクーチョという肉の串焼き(牛ハツ)が人気のお店のようです。

El Tio Mario アンティクーチョ

アンティクーチョというペルー料理は、もともと奴隷料理だったと言われています。奴隷の人たちがハツの部分をどうやって美味しく食べるかを考えて出来上がったものなんだそうで、唐辛子やクミンなどペルー料理ならではの調味料に漬け込んでから焼いているそうです。

牛の心臓部を食べているという食感が少し苦手なのですが、味付けがしっかりしていて、しっかりと焼けているのであまり気にならなかったです。唐辛子ソースなどもつけて食べてみたりと味にもバリエーションがあったのですが、ボリュームたっぷりだったので串2本が限界でした。

El Tio Mario ピカロネス

ピカロンというペルーのデザート。カボチャを練った生地からできていて中はモチモチ!甘いシロップがまたやみつきになる味でした。

【El Tío Mario】

住所:Jr. Zepita 214, Barranco

営業時間:17:00-02:00(月〜金)、日曜定休

お店ホームページ:https://anticucheriatiomario.com/index/el-tio-mario-zepita/

海沿いは美しい景色の撮影スポット!

リマの夕暮れ

私がバランコの中でも特に気に入ったのが海沿いの道でした。海に沈んでゆく夕日がたまらなく美しく、海だけを静かに見ていると自分がどこにいるのかわからなくなってしまいそうでした。しかし遠くに見えている十字架の灯りがここは南米のリマにいるんだなということをしっかりと感じさせてくれる素晴らしい景色でした。

静かに沈んでいく夕日

バランコ中心地とはうって変わってすごく静かです。地元の人たちがジョギングしていたり海を眺めたり、のんびりしている感じでした。

美しいヤシの木のシルエット

リゾート感があってヤシの木のシルエットも美しい。

リマの海岸線

リマ海岸沿いの景色。交通渋滞もまたリマ名物ですね。

都会的なリマの景色

海沿いを外れてミラフローレスに向かう途中にはこんな都会的な景色も!

独特な雰囲気のバランコを訪れて感じたこと

バランコの観光スポットはここで紹介した場所だけではありません。今回だけでは行ききれなかったのですが、美術館やギャラリー、バーやディスコなどもたくさんあるんです。

バランコは週末の夜になるとバーやディスコに訪れる若者や観光客で大変賑わうそうです。私は今回、週末の夜に訪れる機会がなかったので報告ができないのですが、ディスコのあるエリアなどは少し危険も混じった裏の顔もあるという話も地元の人から聞きました。つまり治安が悪いという一面もあるということです。

バランコの観光エリアや中心地には、夜でも地元の人と思われるたくさんの子供達が無邪気に遊んでいました。外国人と地元民、そして夜の街で遊ぶ大人や子供たち。いろんな人たちが入り混じっている老若男女問わない無国籍なエリア。

アーティスティックな壁画

バランコがどうやってこのような独特な雰囲気のエリアになっていったのかはわからないですが、もともとはリマの中にあるひとつの普通の街だったところが、何かをきっかけに外国人が紛れ込むようになり変わっていったのかなと。そのきっかけというのは海沿いのあの美しい景観かもしれないし、坂道や階段、トンネルの多い変わった地形なのかもしれない。

他の国や都市にも特徴があったり変貌を遂げたような場所はたくさんあるはずなのに、なぜか色々と思うことの多いバランコという不思議な場所であったのでした。

バランコの夜を散歩中

平日夜の散歩。繁華街を少し外れたところですが、落ち着いた感じでとても美しかったです。

人気YouTuber・K TEAMのバランコリポートの動画を紹介

最後に、バランコの観光を楽しく紹介している人気YouTuber・K TEAMの動画をご紹介しようと思います。

K TEAMというのは、若い韓国人男女とコロンビア人男性のトリオで、韓国人のJEKSとクリスティアンはなぜかスペイン語がペラペラ。なのでこの動画もスペイン語なのですが、とても楽しそうにリポートしているので言葉がわからなくても、観光の様子を十分に楽しんでいただけると思います。ため息橋で例の願い事などもふざけてやっているところがまた面白いです。

※動画後半はミラフローレスの紹介になっています

スポンサーリンク
おすすめの記事